ANTS nap!

木のある空間づくり
楠、、クス、堅くて独特な香りのする木です

そうだ!アレを作ろう!!

角材を旋盤でクルクルーー


出たっ!!これがクスの魅力ーー(^^)


更にオイル!更に魅力的っ!

ははーーん、親分これで今日は呑むんじゃね??



逆さにして部品を付けたらクスの灯り('◇')ゞ

ある場所に押しかけ、それを勝手に付ける・・


ご満悦??えかったあ(^^)クスの香りがお店に漂うーー

春に移転OPENした 雑貨屋ヒュッテさんへA.n.からのお祝いです

何がえーか考えておったら遅くなってしまいました(^^;

遅くなりましたが、、、おめでとうさん!

Hutte(ヒュッテ)
山口県下松市桜町3丁目16-18
Tel/Fax 0833- 43-9664
open 10:00〜16:00(不定休) ...


生活雑貨、古道具、手づくり雑貨、、などなど充実ぅ

道路沿いなので分かりやすいお店です


帰り際にBOSSなんか見つける・・


アッ この子!!うわおおーーー スゴイ♡ 応援してるわん♡




Hutteさん、子供が同じ幼稚園でした

それが縁でお世話になってます

お店をつくる前、熱く色々語ってくれました

有言実行!主婦の星!スゴイと思うわあ、、

5年、10年、これからも応援してますでっ





 
04:51 | 植物のこと | comments(0) | - | ANTS nap
本日の作業、、築山作りと芝生張り!

芝生張り時期は3月から5月がベストです^^




カラフルさんにご指導頂きながら芝張り・・・

実はこの方、周南一の芝張り名人!(自称) だそうな^^

丁寧且つスピーディ、、、納得です。

何よりも芝への愛情がハンパナイっ。

直接伝授頂いたnap、多分これで周南二位。



どんな技を伝授されてる??こっそり会話を聞いてみる、、


「エヴァがさあ・・」

「マジっすっかー」



アハハハ^^;やっぱりね。



でも二人の作業は会話からは想像も出来ないほど?!毎回ハイレベル。

この二人と一緒に進めること、出会えたことは何よりの財産です、、





芝張りで一番大切なこと、キレイに張ることじゃなくて

路盤、下地づくりだそうです。芝生がボコボコにならない。

何事もベースが大切ですね。


芝の張り方は馬目地張りで。

目地が十字にならないよう、1列敷いたら次の列は半分ずらして、

タイル状になるように敷いていく方法。




斜面になっている部分には竹串を刺しておきます。こうすると滑り落ちにくい。

張り終えたら目土をかけます。目土は保水性を持たせるため。

最後にスコップで上からしっかり押さえる。

水をたっぷり散水して終わります。

カラフル流の仕上げはやっぱり、、、愛情^^

ありがとうございました(_ _)







午後からは知り合いの山に土を頂きにお邪魔する。。。

黒くてフカフカっ!ミミズの宝庫!こんな土を頂けるなんて!

これで野菜作り^^

napに熱く語りながら土を運び出す・・変なシャチョウーーって苦笑い・・^^;






食べ物を入手するのには全然困らない現代だけれど、、

安全と安心を手に入れるのは少し難しくなっている現代。


安心して食べられる野菜、美味しい野菜を食べさせたいですし、

食べ物が何処から来るのか次の世代に伝えておきたいですもんね。











05:58 | 植物のこと | comments(2) | - | ANTS nap
これはA.n.小屋の裏にある水たまり風景。


nap必死に撮影・・・トンボマニアにはたまらない青いトンボがいるのだとか・・

「オマエ細くて見えんっ!!」・・・あはははは・・・・・・・相変わらずです^^;



水たまりは超レアビオトープになる!・・予定です^^

ここにメダカ入れて、ザリガニ入れて、ドジョウ入れて・・・

昔いたけど今はいなくなってしまった生き物を生息させたい・・

ロマン組の妄想は止まりませぬ^^;

でも今の子達ってホントに虫を知らなさすぎ。。










防府の和タリアンレストラン 良’Sさんへ。

イスのリメイク研究のため。




こちら某・○○○のイス。

これを選んだときのことを色々思い出します・・。

現在はクッションカバーを付けて使用されてます。

リニューアルに伴い、イスも変身させたいとのこと。


イスは人間に一番近い家具。

格づけするためのイス、安らぐためのイス、奇抜なイス、、、

良’Sさんのイスは、良’sを楽しむイスであって欲しいなあと。

「何回転させるためのイス」なんてところもあるのだろうけど、

ちょっと違うと思う。

心ゆくまで おしゃべりと料理を楽しんで

気が付いたらこんな時間?ってなるのが本当にそのお店にあったイスなんだと思う。


板のままだとお尻がゴリゴリ。んーーーただクッションを入れるのはつまんない。

このイスをどう料理しますう??




お店で偶然お会いした防府市のスバナビルダーさん^^

ログハウスを建てておられるとってもワイルドメンな大工さん。

良’Sを建築された方でもあります。

鉄を掴んで火の中に手を入れて溶かして素手で丸めることが出来る・・・そんなイメージ?!


「若い大工、おらんかね?」

今の若い人は難しいんだわ・・とスバナさん。これからの建築業界を憂いておられる・・。

確かに でっかい丸太の加工、溶接、鉄筋配筋、何でもありの

スバナさんはちょっとぶっ飛び大工さんだと思うけど・・。


工夫して生み出す能力、与えられたこと以上を求めるココロ、

そういうものが若い人から感じられないのだとか。

どうしてそんなことになってしまったのだろうかって。

教育とか環境とか色々あるのかもしれないけど、、

キット風家づくりを推し進めてきた住宅業界にも要因はあると思う。

昔のおばあちゃんちみたいな家に戻したい・・・・戻りたい・・・






スバナさんは養蜂家でもあります。

ハチの話を始めるとスバナさん更に少年の目?!

ロマンや妄想は人をこんなにも熱くするのねーって母の目で見つめ返す・・。

人はそれがエネルギーで輝くのねっ


A.n.も巣箱設置目指してますっ。

お宅の巣箱、最近どお??なんてカッコイイと思いませんか^^?


昆虫DAY、、なんかどーでもいいタイトルでしたが・・

ワタクシ、小さい頃昆虫大好きだったんです。

カブトムシの幼虫やセミ、キリギリス、鈴虫、ホタル・・

いつも虫かごは満室。

アリ取りホイホイなんてのも自分で考えたりしてました。

小さな生き物にも生と死がある・・小さいながらに感じたりして。

今はそれを伝えるのがちょっと難しい時代なのかもしれないなあ。



あーー何だかだらだら終わってしまいました。

今日のタイム、1時間半(-o-)/













20:34 | 植物のこと | comments(4) | - | ANTS nap
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>